おおた綾乃の日記です。SNSリンクなし。

胃にくる

そんなこんなで

年末からちょっといろいろあって
あまりに寒くて連休中も出歩く気力がなく
しょうがないのでずっと『ゲーム・オブ・スローンズ』を。
じっとしていると胃腸の動きがすぐに滞るので
軽くストレッチしながら観ました。

できることなら広い部屋で
でっかいソファーに座って観たいものです。

シーズン7までできてるのか・・・。
ものすごくストレスフルな内容なのに、
これがずーっと続くのか・・・・・・。

この作品のスタッフ(監督?)が
『スター・ウォーズ』の新シリーズを担当するとニュースにあって
ちょっと楽しみです。

『スター・ウォーズ』といえば『最後のジェダイ』を観たのですが
ファンの評判が両極端に別れているそうですね。
私は、ストーリーや関係性がいまの時代らしくて
とてもうまく新しい人たちを入れてきたなーと驚きました。
映画館に見に行ってよかったな、と思いました。

映画館といえば、
先月『バーフバリ2・王の凱旋』を観たので
amazonで1を観たいのだけれど、いつになるんだろう。
ストレスに耐えられなくなったら、息抜きに観よう。

ホーム  次のページ »

さむい

もう2月になりましたが、いかがお過ごしでしょうか。
私ですか私はですね、ひとこと
「寒い」としか!

エアコン暖房がとても苦手ですが
今季は何度も使っています。

ああ。
ガスストーブが使えたら幸せなのに。
うーん、あれも広さを確保しないと危ないからなぁ。

【お返事】
だんだんと、いろいろありますねぇ。

私も老眼が始まった頃は
「きたか。うわ、辛いなぁ。」と思っていましたが
まさか途中からさらに深刻な症状になるとは
想像していませんでした。

そんな中、旦那と何気に
『ゲーム・オブ・スローンズ』を観始めてしまい
案の定ものすごい眼精疲労に襲われています。
キャラクターが覚えられません。
相関図、まったく頭に入りません。
しかし、それは目のせいではなく頭のせいです。

ホーム  次のページ »

よいお年を

『監獄のお姫様』は、最後の回で「うーん」でした。
社長がもう極悪人の設定でよかったんじゃないかな。

*************************

さてさて、2017年が終わろうとしています。

一カ所を2秒も凝視できなくなった2012年から5年。
症状の進行はなく安定し、凝視ももっとできるようになりました。

ただよく見えないんですよねー、見たいところが。
視界の真ん中がくもりガラスみたいになっていて、
短い文章なんかは健常な片目が視力をカバーして読めるのですが
とっても疲れます。尋常じゃなく!
これが一番の困ったことですね。

子どもの頃からいろんなことが心身にあったけれど、
目がこうなるとは予測できませんでした。
しかしこの症状は予防できるものではない。
だから、仕方ない。

「来年はこれこれをしたい」とか
前のめりなことは言えないけれど、
何か探ってみることはやめません。
後ろ向きなひきこもりがちなりに。

ではまた、2018年に。

ホーム  次のページ »

ドラマ『監獄のお姫さま』

宮藤官九郎さんの脚本。

『あまちゃん』のときもそう。
しょーもないギャグみたいなのがちりばめられて
こちゃこちゃこちゃこちゃしていて、

そして気がつくと心臓の近くまで来ている。
って感じ。

『あまちゃん』のときのインタビューで
アキちゃんのときはアキちゃんになりきって
書いている、と言っていたけれど、

異性でしかも年齢的にだいぶ違う人間の
気持ちや行動を
そのキャラなりのリアリティーで想像して描くのは
なかなか出来るもんじゃないと思います。
すごいです。

バカみたいなギャグと、胸をえぐる辛さは
人間の同じ生涯に飴を練るように混在していて、
それは確かなことなのだけれど
作品として創造するのはとっても難しい
(んだろうな)と思います。

ホーム  次のページ »

映画『新感染』

列車でゾンビ。
その手があったのかっ。

予告を観てB級映画だと信じておりました。
ていうか、タイトルで完全に損している。
各国の付けたタイトルの中で
「してやったり感」あふれる感満載感。

それで、内容は・・・・・・・・・
すごくよかったです。
まさか泣くとは。号泣。
座席周囲からも鼻をすする音が。

韓国の映画でこれまで観たものは
ちょっと味が濃いなーという印象でしたが、
とても細やかな演出で味加減が絶妙で感動しました。

ゾンビの動きの怖さ、気持ち悪さは
映画『アイアムアヒーロー』もこんな風だったそうですね。

ゾンビものって、アイデアがもう出尽くしたのでは?
と思っていましたが、
まだまだいろんなのが作れそうで底が見えませんですね。

ホーム  次のページ »

プロフィール

おおた綾乃

Author:おおた綾乃

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

最新記事