おおた綾乃の日記です。SNSリンクなし。

船跡の名残りは爆竹の赤

いかん、この夏の気温でこの体調では!
『夏の長崎市内』に帰省するのは、無理!
しかしさすがに今年は身内の初盆!
どうにかこうにか、週末にでもお墓参りに!

と、行ってまいりました。
(なんてこったい、福岡の方が暑かった)

15日の精霊(しょうろう)流しは!
きょうだいの話しでは!
無事に終えたらしい!

ホムセンで買った木材で小さな小さなお手製の舟を造り!
写真とお供えを入れて提灯をつけ、
解体場の港まで持っていく途中!

爆竹に驚いた甥っ子が舟を傾けてしまい!
提灯がみるみる燃えて妖怪提灯のようになり!
舟、その場で全焼!
部品がビヨヨヨ〜ンとはねて周囲の笑いを買い!
「まぁ・・・よかさ。」と長崎気質で!
無事に終えた、と!

               無事じゃないやん!

********************

『パシフィック・リム』
うーん、いくらなんでも今「怪獣とロボット」は
キツいなーとしぶしぶ旦那について行ったら
映像がかなり楽しめたので嬉しかったです。
ちょっと出だったけれど、
クリムゾン・トルネードのポージングが好きでした。
チェルノ・アルファは人気ですね。

なんだろうなー。
やられてやられてやられまくって
必死で工夫して戦ってもどんどんひどい状況になり
もう絶望的で後がない。というときも
それでも脚を踏んばり、考え、
泣いてのけぞらずに鋭角に構えて挑む、って

そのこと自体が
どうして私たちの体温を上げ、
こうも心を燃やして熱くするのか。
これはけっこう大事なことじゃないのかな。
実生活で生きるのにも。

********************

最近の出来事の中で気になったことは
広島の原爆資料館の人形を撤去する話と
まんが『はだしのゲン』についての騒動。

つくりもの を
あんまり舐めないで欲しいよぅ。
スポンサーサイト

ホーム

映画『パシフィック・リム』

すみません、絵が描けないまま、取り急ぎ。

『パシフィック・リム』の劇中曲が
毎日毎日頭の中で駆け巡っております。

『トランスフォーマー』での驚きとはまた違う
ロボットの重さを感じる映画です。
男の子とか、観たら興奮するんじゃないかなぁ。

永井豪先生や石川賢先生の作品のシーンが
立体になりました!!!的な画面を楽しめます。
現代は、もういるんだ、巨大ロボット!って感じ。
このクッソ暑い日々(ぜんぜん雨降らない・・・)、

疲れ果ててなんも考えられずにいる時期に
ピッタリの映画ですよ〜!

ホーム

プロフィール

おおた綾乃

Author:おおた綾乃

カレンダー

07 | 2013/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。