おおた綾乃の日記です。SNSリンクなし。

ゼロ キル なぞ

映画『ゼロ・グラビティ』、そのほかについての
コメントお返事です。

*飛行機、日記に書いたように
レーダー機器トラブルがあったこともあり
いまだに乗ると少しドキッとしますね。

それなのに、宇宙となると・・・
考えるだけで心臓が。

*これまで観た中で、3Dがしっくりきた作品でした!
3Dに限らなくても、「これはぜひ大画面で観ないと」という
作品がありますね。劇場っていいな。

*おすすめ、ありがとうございました!
クライマックスでは体温がお腹の方から上がりました。

うまく言えないけれど『格』を感じた作品でした。

*アニメ『キルラキル』
・・・・・・・わかります。
ちょっと助走が長過ぎるような。
動きはすごく楽しめるのですが
振り落とされかけているのは私らも同感です。

クール最終話15話を観て
皐月さまがいい顔をし始めたし
展開が楽しみになったので
まだ落ちずにぶら下がっていきます。

アニメ『スペースダンディ』は、
私はもう・・・落ちた。

*******************

ドラマ『なぞの転校生』(眉村卓/著)、
何十年も前のジュニア小説で
読んだような気もするが結末も覚えていない、
それを今ドラマに!?と
怪訝な顔つきで観てみたら

現代の空気と間合いというか
すごくいい感じで仕上がっていて
驚きながら観ています。
お話もアレンジしているそうですね。

ミッキー・カーチスさんの演じる
隣の部屋のおじいさんが
星空の下を走りながら
この世界はなんて美しいんだ!みたいな台詞を
吐き出すんだけれど、
なんていい画面なんだ!と
じわっときそうになりました(第2話)。

で、第3話で「ぅわ・・・わ、ええっ!?」
というわけで、すごい。今後も観ます。

現在、視界がちょっと見づらいので
絵はまた今度。

ホーム

重力が「無」

2014-01-22-01

パニックと視界の揺れでで呼吸がおかしくなりやすいので
途中で劇場から出るかな、と覚悟していましたが、
意外にもIMAX 3Dは画面にすぐ慣れて見やすかったのと
「やたらとイヤなハプニングが起きて
いたずらに終わる」作品ではなかったので大丈夫でした。

よかった〜!いい作品を観られた〜!!

生きるの死ぬのという話、
うっかりした文章で感想を書いたら
宗教がかって狭苦しいのでやめるとして
(宗教的、とくくってしまうと
せっかく自分で考え込む意味がないもんな)

とにもかくにも
重力がないということは
それこそ考え込む間もなく
すなわち、すぐさま、命がアレってことなんだ。

映画『コンタクト』
アニメ『天元突破グレンラガン』
小惑星探査機はやぶさ

を思い浮かべながら家に帰りました。
本当によかったです。

ホーム

わたし黒星 駅にななつ星

せっかく帰省したのに
大好きなちゃんぽん食べるのを断念、
タクシーにすぐ酔い、列車で爆睡しながら
なんとか戻ってきました。

甥っ子に言われました。

2014-01-14-01

げげげ、本当に似ていなかった。
うろ覚えにしてもひどすぎる。
私はいったい、誰を描いたんだ。
こうなると、むしろそれが怖い。

2014-01-14-02

********************

長崎駅に到着したとき、しばらくすると
クルーズトレイン『ななつ星』が入構してきました。
2014-01-11-02

2014-01-11-03
生で初めて見た。
おおお、ピッカピカだ。
おおお、乗客の方々に龍踊りで歓迎セレモニー。
2014-01-11-04
龍踊りが見られるなんて、
祭りの季節じゃないのに得をした気分。

走る物体の上で寝るのは苦手なので
実際に乗りたいとは思わないのですが、
車内の調度品をじかに見てみたいです。

ホーム

ハラマキ生活

よーし胃が治った!と
お祝いに少しだけ食べてみるも、
チョコレートの脂肪分は胃の敵でした。
もうしばらく食べずにおこう。

2014-01-11-00

甥っ子の年賀状の返事に何か描こうかなと思い、
映画のホームページを眺めながら
ポーズを変えて模写。線、ヨレヨレ。
彼の武器を考えるも
あっというまに疲れてしまう。

君が持っているのはね、
くにゃくにゃマジックハンドだよ。
異論は認めませんよ。

********************

年末年始のコメントをありがとうございます。

フラフラしていて
すばやく絵を描いて仕上げられるまでに
けっこう時間はかかりそうですが、
調子が出てきたらリハビリをかねて
闘ってない闘病記(笑)でも描こうと思います。未定。

********************

寒波襲来、寒いのはわかるとしても
極端なのは困るなぁ。
こんなタイミングで長崎に移動です。
ほんとにほんとに、
どこでもドアがあったらいいのになぁ。

ホーム

紅白

明けましたね。
今年も、のほほんとよろしくお願いいたします。

インドアなわりに紅白歌合戦を
真面目に観ることはなかったのですが、
去年は違いましたぜ。

『あまちゃん』サプライズがあるのは
予測できたけれども、
あんなに愛情と神業だらけだとは思いませんでした。

観ている紅白歌合戦は現実なのに
架空の『あまちゃん』の中では
アキちゃんとユイちゃんが
一緒にステージで歌うことがありえない夢で

いや私たちにとってもありえない夢で

まー驚くほど凝った作りで

スクリーンに二人のジャンプが映った時点で
涙腺が活発に。

『あまちゃん』のすごいところは
ドラマを観ている私たちのいる空間の空気と
ドラマの中の空間の空気が
別ものではなく同じだと感じること。

あの人たちは今も生きて毎日を過ごしている、と
当たり前のように思い、忘れては思い出す。
一緒に生きている、という感覚なんて
そうそう感じないもんですよね。

役者・脚本はもちろんのこと、
スタッフみんなが誰一人欠けても
できなかった作品ですね。


新年の日記でいきなり興奮の書き込みでした。
どうだ文字くらいなら打てるわ!
胃腸炎でフラフラぁ?上等やないかーーーい!!

ホーム

プロフィール

おおた綾乃

Author:おおた綾乃

カレンダー

12 | 2014/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事