おおた綾乃の日記です。SNSリンクなし。

夜のブランコ

ここ数日ぶつぶつ書いてる中で
いきなりこんなこと書くのもアレですが、
見たままを。


日が暮れた公園のベンチに座ってぼーっとしてたんです。
その公園は、昼間に子供がたくさん遊ぶ場所です。


夜、そこで、ほんとに何も考えずに
同居人が公衆トイレから出てくるのを待っていたら
用が済んで私の横に並んだヤツが言うわけさ。

「ねえ、あれだけ揺れてない?あのブランコ一つだけずっと」

自分がぼーっとしていたとき、ブランコは視界にありました。
もしかしたら誰かいたのに見ていなかったのかもね、
と話しながら、止まるまで見ていようとしたら、

止まらない。で、
同じ揺れ幅でずっと動いてる。



楽しくて帰れないんだったらいいな、
悲しいのならかわいそうだな、と言いながら
そのまま公園を出ました。

っていうか、
見ていて気づかないって何ですかい。

« 前の記事  ホーム  次の記事 »

プロフィール

おおた綾乃

Author:おおた綾乃

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事