おおた綾乃の日記です。SNSリンクなし。

診察室で「えっ」と声を出す我

2013-12-29-01

今年最後の眼科の診察で

眼球内部の癒着が自然に剥がれています、
なので手術の必要はひとまずなくなりました、
ただ再発の可能性はあるので
今後も長期的な経過観察でいきましょう。

って
何ですかそれ本当ですかどういう意味
どう受け取っていいんですか
モニタの写真を見せてください患部をじっくりと

(にじり寄ってモニタを凝視)

こ・・・これは。

この数年間
「自然に剥がれる、ということはまずありません」
と言われていたので
すぐに信じられませんでした。
またすぐに何か起こるかもしれない、と怖くて
何日も経ったけれど、正直、まだ怖い。


まぁ、あれだ、

なんだかんだで仕事はなくしたが
症状の出ていた片目の視力はなくさずに済むかな

ってことか。

********************

とにもかくにも、
ネタもゆるくて絵も汚いが、
まだしばらくは絵を描いていられる。
それは確かなこと。

免疫力や体力は依然ひどいものだし
かなりのドライアイだし
目の見え方は完全には回復しない

でも、

徐々に良くない方向に進行してゆく
あの拷問のような悲しさを思えば!!
うんうんうんうん。


一昨日、何とはなしにベランダから晴れた空を見ました。
網膜によった皺が、視線を移すたびに
パッ、パッと薄く映ります。
物の形は、相変わらず少し膨らんで見えます。

だけど、あまり怯えなくなりました。

訪問してくださる方々、
お守りやお手紙・メールをくださったり
気にかけていただいている友人知人のみなさま、
心からの感謝とともにご報告させていただきます。

2014年、またここでお目にかかれますように。

« 前の記事  ホーム  次の記事 »

プロフィール

おおた綾乃

Author:おおた綾乃

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事