おおた綾乃の日記です。SNSリンクなし。

書きちらしてすみません

『るろうに剣心 伝説の最期編』
行ってまいりました。
戦っているのはわかるのに
頭がついていかん!
めちゃくちゃ速い動き!

何もかもがすごい!!
言葉になりませんでした。

先の『京都大火編』も
まだ上映中の場所があるので
ぶっ続けで観ると爽快かも。

(それにしても田中泯さんの演じる
翁の顔はガンダルフに似ているなぁ。)

たぶん、原作の長さからすると
変更点はいくつもあるんだろうな、とか
だいぶ端折っているんだろうな、とか
感じたりもしたけれど、

逆に、そんな手を加えても
伝えたい事はちゃんと伝わるので
それがまた驚嘆ものでございました。

エピソードとか、ちょっとした場面とか、
役者さんのすごく微妙な顔の演技
(ほれぼれした!)とか。

"「強い」「強くなる」って、
どういうことか。
こういうこと だ
こういうこと じゃないだろうか。"

創作物において(も)昔から
繰り返し繰り返し語られる、
答えは出ているようでいて
でもそうかな、そうなのかな、と
揺れ続けるテーマなのだと思います。

そんなテーマに食らいつき続ける人たちと
作品に感謝です。

********************

【拍手のお返事】

相変わらずものすごい量を
鑑賞しておられますね。
『スペース☆ダンディー』は
楽しみにしていて、録画を観ています。
最初の印象で決めて申し訳ないです。

第一期でのゾンビの回
(おれたちは腐ってるんじゃない!
発酵してるんだ!!」は最高でした。
もう若くない世代に光を与える
発言にもとれました)と
掃除機の恋の回
(メカが恋?
恋とはなんであろうか)に感動し

第二期では今のところ
魚釣りの回
(映画を一本観ているみたいだったな)と、
悲しみのない世界の回
(すばらしかった!脚本が渡辺信一郎さんで
キャラクターデザインが名倉靖博さん!)に
震えがきました。

もうねぇ。生きててよかったー!!
と叫びそうでした。というか実際叫んだ。
ちなみに美味しいご飯を食べたときも
同じフレーズを叫びます。

まぁ、今は普段がほとんど
生きてないっぽい状況だからな。
そういうときの「生きてる感」は
けっこう嬉しいんだよなー。

『ばらかもん』、あああ、
始めの二回分しか観ていないです。
いきなり和気あいあいになっていたのと
五島っぽさが少ない気がして(すみません)。

『残響のテロル』は
空港の回までしか観れてない。
このあとどうなるんだろう。

********************

体が動けそうなときに
動いておけとばかりに
『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』
も観てきたぞ!

ひとケタ〜十代の観客もすごく多かったぞ!
面白かったです。何回も笑ってしまいました。
私が好きなのは木のキャラクター
花咲く巨人、グルートです。
たまらん。ほんとたまらん。

« 前の記事  ホーム  次の記事 »

プロフィール

おおた綾乃

Author:おおた綾乃

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事