おおた綾乃の日記です。SNSリンクなし。

中外製薬のCM

お正月くらいから流れている
あのCMを観た事がありますか。
浜辺でうごめき歩く
白い骨組みの生き物、いやオブジェ。
テオ・ヤンセン(年齢:60代後半)の作品です。

ちょうど去年の11月に用事で長崎に行ったとき
県立美術館で展示をしていたので
観てきたところでした。

加工ソフトの具合が悪くて
写真が小さくできなかったので
2枚だけアップします。

2014-11-22-01
実際に動かしてくれる時間がありました。
動くのを観たのは3作品くらい。
オランダのでよく使われている
廃品のプラスチックチューブやビニールシートで
さまざまなビーストが作られているのですが
ほんとに生き物みたいに感じるとですたい。

館内は風が足りないので、
屋外ではくっつけない
使用済みペットボトルとチューブを装着します。
ビーストの体調が悪いとき(お怪我や故障時)は
歩行はお休みです。

なんでこの形に!?
あんたとあんたは友達とね?
なんで一緒に並んで動くとですか!?
なんでそのヒレは滑らかかとね?

と、楽しいひとときやったば〜い。

2014-11-22-06

実際に見ると、
けっこう汚れて補修が入っていて
これが浜辺で動き始めたら
なんかもう、この世のものではなくなる感じ。
そのギャップが好きです。
サーカスの表と裏側みたいな。

夢が現実になると色あせるというけれど、
その色あせているはずの現実で
夢を作る事ができる、
っていう現実ってどうよ!
仕事していたときは、
そんな気持ちでやってたよ。


美術鑑賞。いい。

この日の用事は、心底ムカムカして
私らはなんのために長崎へ!?状態で
なんなんだコイツ!という相手と話して
最高にひび割れささくれた心境だったので
(身内とのけんかじゃないだけマシか)

あとあと「面白かったね」と言える思い出に
できたことは幸いでした。

余談。
「てお・やんせん てん(展)」を
『ヴィゴ・モーテンセン』
(『指輪物語』アラゴルン役)と覚えてしまい
ヤンセンさんの名前をいまだに忘れます。

« 前の記事  ホーム  次の記事 »

プロフィール

おおた綾乃

Author:おおた綾乃

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事